便利な住まいは収納スペースが多い!

住まいの悩みの多くは収納と耳にします。収納ができているかいなかで快適さが変わってくるものです。

Topics

収納ができていれば住まいは快適

テレビや雑誌などでもよく取り上げられている収納術。収納の先生や達人と呼ばれる方がいるくらい。収納ってなかなか思った通りにいかないことがあります。日本の古来からの家ですと収納というと押入れになります。和風の家です。個人的にすごいとおもうのがよく時代劇などでみられる二階への階段の側面が引き出しになっている収納タンス。これは日本の小さめな家屋を考えてつくられたすぐれた収納だと思います。もう一つ押入れの上にある天袋もできるだけ収納を増やすためのものです。いまではあまりみられませんが天井裏というのも昔はある意味収納のひとつだったのではないかと思います。天井裏にいたってはあくまで想像です。

昨今は家屋も西洋化されているものもありますし使い勝手を重視している傾向が強く、クローゼットがついているところが殆どです。ウォークインクローゼットなるものもあります。タンスなども入ってしまうほどのものです。これは画期的だと思います。部屋がかなりすっきりさせられます。クローゼットと構造的には同じですが西洋などは本棚や食器棚などが壁に組み込まれている形の収納をみかけます。これは合理的だと思われます。棚などがでっぱらないので四角い部屋を四角くめいっぱい使えそうです。インテリアの配置も考えやすくなるのではないでしょうか。もう一つ、是非ほしいのがキッチンの横などに食料などを在庫できる収納スペースです。床下の収納もありますが、昨今はまとめ買いも多くやはり小さめな部屋タイプのものがあるとキッチンもすっきりしそうに思います。心地良い住まいをつくるには収納が鍵となります。

お役立ちサイト